SNSをたくさん利用してると

現在インターネットの世界には多くのSNSが存在します。完全にオープンなサイトから招待制のサイトまで色々なSNSが存在します。1人に対して1サイト利用というわけではなく、複数利用するのが基本となっています。つぶやき型を使ったり、日記型を使ったり、人によって様々な使い方があります。  多くのSNSを利用することによって、不特定多数の人に情報を提供することができますが、もちろんそれによって生じるデメリットもあります。そのデメリットは個人の情報が漏れることです。公開した写真によって住んでいる場所がバレたり、名前がバレることがあります。情報が漏れることにより、事件や事故に巻き込まれるケースもあるため、公開はほどほどにすることが大事です。SNS内で公開の制限が設定できるメニューがあるため、あまり情報を広げたくない人は利用すると良いでしょう。  SNSは仲の良いお友達だけが見ているわけではないのです、そういう設定もできますが、多くの人が未設定のまま情報を公開しています。どこから情報が漏れるかわからないので、今一度チェックをしておくと良いでしょう。  デメリットだけでなくメリットもあります。それは昔の友だちを探すことができたり、ビジネスのパートナーを見つけやすくなります。さっきは間違った情報の公開でしたが、それをうまく活用することで、友達の輪を広げることができます。SNSから昔の友達を探し出し再会をしたケースも良くあります。  何が言いたいのかというと、情報の公開は適切な場所で、適度に行うのが一番良いということです。間違った情報の公開をすれば、それが大きな問題になることもあります。ネット上で祭り上げられた際に、個人の特定にも繋がります。なので不特定多数に公開されているSNSでは、あまり情報を公開しないようにすると良いでしょう。正しく使うことで、便利に使うことができるのがSNSです。理解した上で使うのが大事です。