個人を特定できる情報は

近年、インターネットの普及により、情報化社会は急速に発展してきました。21世紀はそうしたインターネットをハードとしての情報、IT企業などの成長が期待されています。20世紀の工業発展に代わる、新たな経済主軸と言っても過言ではないでしょう。パソコンやスマートフォンを初めとする情報手段は、企業や家庭で取り巻く環境も整いつつあり、便利な社会とのコミュニケーションツールとして使用されています。人々の知識も日々低年齢化という状況で発達していますが、これらの成長、そして発達は便利な反面非常に危険である状況と隣り合わせにある事を常に頭に入れておいた方が良いでしょう。なぜならば、大前提としてインターネットでの情報は不特定多数の人が閲覧できる可能性があるからです。特に、SNSなどの情報コミュニケーションツールは使用年齢も低年齢化し、それらのツールの中で氏名や住所等の特定される個人情報が公開される事により、犯罪などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。例えば、そのSNSに個人情報を記載する事によって、ストーカーや振り込め詐欺などが挙げられます。また、SNSを通しての自殺サイトも存在し、便利な反面、このような被害や道理に反した事象が身近で起こってもおかしくない環境にいる事を忘れないようにする必要があります。こうした被害はそれぞれが自己責任で守る必要がありますが、そのためにはSNS上での個人の情報を公開しないようにする事が大切です。公開しないように気を付けていても、様々なサイトを総合的につなぎ合わせ、特定個人の情報を探す事ができるような技術もあるようです。ですから、あるサイトに登録をするにしても、本当に信頼できるサイトなのか、また、このSNSにおける個人情報は公開しても法律的なものも含めて大丈夫なのかを、個人個人が慎重に行うべきで、一度公開してしまったものはその情報が独り歩きする場合もありえますので、完全にそれらを削除する事は、大変困難な環境にいる訳です。また、自分の情報だけではなく、知人や友人の情報を掲載するときには、事前に許可を取る事が必要です。便利な反面、こうした21世紀特有の問題を解決する必要があり、その為には個人個人が意識を持って取り組まなくてはならないでしょう。