SNSで人間関係を壊すことにも

SNSで人間関係を壊してしまう人が続出しています。特にアバターのあるSNSの場合、別の人格になりきることができるので、ついついハマってしまい、そこから人との関係がおかしくなってきてしまうのがソーシャル・ネットワーキング・サービスの怖いところです。よくあることは、アバターにハマってしまい、可愛らしいアバターでき飾っていたところ、男性アバターから声をかけられて恋仲になります。しかしながら、別の可愛らしいアバターが表れて、男性アバターといいかんじになったところを見て、嫉妬の上でそのアバターの人格攻撃を始めてしまうのです。このようなトラブルはSNS上の至る所で発生しています。顔が見えないのですぐにでもアバターを通じて他人と仲良くなることが出来る反面、人間関係を壊しやすい状況にあるということも知っておく必要があります。特に未成年の場合は、顔が見えないので行動も好き勝手になってしまい、その結果として人との関係を壊すことも多いです。未成年のSNSサイトの利用ほど危ないものはないと言われているのは、顔が見えないことによる執着心や攻撃心と言った劇場を伴った行動によって相手を攻撃してしまうということがあるというリスクです。 このような人間関係にまつわるトラブルは、いたるところに存在します。SNSを上手に使いこなしている人の場合、適度な距離感を保ちながらコミュニケーションを楽しんでいる様子が見受けられます。とくにFacebookやTwitterでは全く見知らぬ人から攻撃されることがあります。自分が投稿したコメントや記事に対して、口汚く罵る人が突如現れることがありますが、やんわりと断ってブロックしたり、スルーしたりすることによって嫌なものを避けるスキルを身につけています。インターネットのSNSツールの特徴として、嫌な人、嫌なコメントについてはあまり取り合わないといったオトナな対応が人間関係を保つコツです。